電子書籍版

このブログの電子書籍ヴァージョンを発売中!。
Amazon Kindle Storeで300円。

The Style Council全曲解説 [Kindle版]

内容も改訂、その他付録コンテンツも大量に増補しました。
是非読んでみて下さい。

凡例

(ヴァージョン名)←公式のものが存在しない場合便宜的に付けた場合もある
Hon Councilers ←参加メンバー。特筆されない場合ドラムはSteve White、バッキング・ヴォーカルはDee C. Lee。(時期によってはHon CouncilerとしてWhiteやLeeも記載する)
主な収録作品←シングル、オリジナルアルバムと公式度の高い編集盤を優先して記載。
解説←独自の独断と偏見に満ちた解説。

2014年11月22日土曜日

Waiting on a Connection

(Studio Version)
収録作品
 CD "Here's Some That Got Away"

 Confessions of a Pop Groupのアウトテイクで、88年の録音。ファンキーだがメロディが比較的あるし、少なくともIwasdoledadstoyboyよりは良い曲だと思う。入れ替えた方が良かったと思えるくらいだ。おそらくHere's Some That Got Awayで初登場した曲の中では一番強力だと思われる。

 ドラマーはホワイティではなく、誰が叩いているのかは不明(打ち込み?)、ベースはライヴヴァージョンと比較してもカーメルの可能性がある。

 もし当時Modernism : A New Decadeがリリースされていたらシングルのカップリングなどで登場することもあったかも知れない。

(Live Version)

 89年のツアーでは新曲として紹介され、RAH、横浜ともにプレイされている。ライヴでは若干テンポアップされ、よりソウルフルな感覚が強調。力強い演奏になっている。

0 件のコメント:

コメントを投稿